配色テクニックでセンスアップ

2つの配色テクニック

ファッションやインテリアなどで取り入れると、センスアップする配色テクニックがあります。

アクセントカラー

アクセントとは、「強調する」「目立たせる」という意味です。
配色全体の中での面積は小さく、引き立つ色で、強調色とも呼ばれます。単調な配色や平凡な配色に、対照的でコントラストの強い色を少量加え配色全体を引き締めます。
例えば、1色では単調な「くすんだ青」にアクセントカラーで変化をつける場合、次の2つの種類のアクセントカラーが考えられます。

1つ目は「色相によるアクセント」です。これはアクセントにするのが色相なので、「くすんだ青」と色相がかけ離れた色を選びます。かけ離れた色、イコール対照的な色と考えると、赤、オレンジ、黄などがあげられます。

2つ目は「明度によるアクセント」です。この場合はアクセントになるポイントは明度なので、「くすんだ青」と明度差が大きいものを選びます。「くすんだ青」が中明度から低明度だと仮定すると、明度差が大きくなるのは高明度、つまり明るい色ということになります。色相にはこだわらないので、色相差が大きくても、少なくても構いません。

また、上の2つを組み合わせて、色相差と明度差の両方で差を付けても良いでしょう。

ファッションなどでは、単調なコーディネートにベルトやアクセサリー、バックなどにアクセントカラーを取り入れると、それだけでセンスアップして 見えるでしょう。

スポンサーリンク
広告大

セパレーションカラー

セパレーションとは、セパレート「分離する」という意味です。アクセントカラーと混同されやすいのですが、アクセントカラーとの違いは、セパレーションカラー自体が目立つのではないということです。
曖昧な2色の間に「適度な明度差のある無彩色」を挿入することで、曖昧差がなくなり際立ちよく見せることで、簡単にいうと境界線のようなものです。締まりのない配色を引き立てるために用いられます。
基本的には無彩色ですが、有彩色の場合もあります。

例えば、同じライトグレイッシュトーンのオレンジと黄緑の配色は明度差がなく曖昧な印象です。この配色を際立ちよく見せるには、黒や黒のような低明度の色を選ぶと良いでしょう。濃紺やダークグレイッシュトーンの色です。

ファッションでは、トップとボトムの色が似たような色合いっだったり、同じような明るさで曖昧な印象の時に明度差のあるベルトを使うと、締まりのないコーディネートが際立った ものに るでしょう。

アクセントカラーとセパレーションカラー、この2つの配色を意識するだけで、ファッションやインテリアなどがセンスアップして見えるでしょう。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする