高貴な色は何色?・・・身分と色

位階の制度と色

位階(いかい))とは、国家の制度に基づく個人の序列の標示で位(くらい)ともいいます。

基本的には地位、身分の序列、等級といった意味です。
聖徳大使や冠位十二階という言葉の方が学生時代から聞き慣れているかも知れません。

この位階制度は推古11年(603年)に制定された冠位十二階で始まりました。冠位十二階は位階を色で表した制度です。

この制度では役人の位を12に分けてそれを色で表しています。
冠位十二階の色は、位の高い方から、濃紫、薄紫、濃青、薄青、濃赤、薄赤、濃黄、薄黄、濃白、薄白、濃黒、薄黒となります。

これは紫、青、赤、黄、白、黒の6色の色とその色の濃い薄いで12色となっています。

これらの色には中国の五行説の色が当てられていますが、五行説にはない紫が最高位に定められているのが特徴です。
濃白や薄白、濃黒、薄黒は現在の感覚では混乱してしまいそうですが、濃白は真っ白、薄白は明るめの灰色、濃黒は真っ黒、薄黒は暗めの灰色という具合に区別されていたようです。

その後、各天皇の代に階位の数や色は変化していきます。

身分によって定められた色と、それより下位の色を着ることができるとする当色の制度には乱れが生じ、平安時代に入ると新たに禁色の制度(相当する位階より上位の色の着用を禁じたもの)が定められましたが、次第に有名無実のものとなっていきます。

これは、衣服の色の魅力を庶民が知り、自分たちも使うことに強い要望を持ったことを示しています。

スポンサーリンク
広告大

鎌倉時代、武士と色

鎌倉時代の文化には武士の性質が強くあらわれています。

その様相を特徴的に示す例が甲冑です。

これはさまざまな工芸技術を総合的に活かしたものであり、日本固有の表現による芸術と言うこともできます。

色彩の点から見ると、戦場で目立ちやすい効果的な色と文様が用いられています。

しかし、その色模様を表す色名については、平安時代からの呼び名が踏襲されており、上方が濃く下方にいくに従って薄くなるぼかし方である匂い、下方にいくほど濃い色に なるぼかし方である裾濃(すそご)など、かつての衣服と同じ方法が使用されていました。

その他の工芸品にも、特に吉祥性(よい前兆、めでたい兆し、縁起が良い)を重んじた文様が多く見られる。

好まれた色では 、勝色(かちいろ/紺よりもさらに濃い、黒色に見えるほどの暗い藍色)、海松色(みるいろ/海茶みを帯びた深い黄緑色)、焦げ茶の仲間である檜皮色(ひわだいろ)などがあり、重い感じの色が多いのもこの時代の特徴です。

人の印象がUP!? 自分の気分が上がる色とは!?

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする