色の三属性(色の表わし方1)

色を表す方法(色を伝える方法)はさまざまなものがありますが、今回は一般的な「色の三属性」についてお話したいと思います。

IMG_1400


色の三属性とは?

簡単にいうと、色を表す3つの性質のことです。

色相・明度・彩度、この3つを使って色を表します。


・色の分類

三属性の説明の前に、まずは色を大きく分類してみたいと思います。

・無彩色(むさいしょく)…白、灰色、黒といった“色み(色合い)”を持たない色

・有彩色(ゆうさいしょく)…赤、青、緑、黄など“色み”を持つ色

この2つに大きく分類できます。

IMG_1401_muyu

ちなみに、例えばピンクは赤に白を混ぜた“赤み”を持つ有彩色、オリーブ色は黄に暗い灰色を混ぜた“黄み”を持つ有彩色として分類されます。

有彩色と無彩色では色の三属性を使って色を表す場合に表記の仕方が変わります。


スポンサーリンク
広告大

ここから色の三属性について説明します。

・色相(しきそう)

たくさんの色があったとして、それをグループに分ける場合に赤系、黄系などと分類することができます。ピンクは赤系、水色、紺は青系という具合です。

この~系というのが色みです。

赤み、黄み、緑み、青み、紫みといった、色み(色合い)のことを“色相”といいます。

IMG_1405_sikisou

・明度(めいど)

赤や青など、色には明るい赤や青もあれば、暗い赤や青もあります。

色相が青の仲間に水色と紺がありますが、水色は明るい青、紺は暗い青になります。

このような色の明るさのことを“明度”といいます。

明度は大きく3つに分けることができます。「高明度(明るい)」「中明度(明るくも暗くもない中間の明るさ)」「低明度(暗い)」です。

*明度は慣れないうちは次に出てくる彩度と混同してしまいがちです。

“真っ赤トマトのような赤”と“桜の花びらのようなピンク”明るいのは“桜の花びらのようなピンク”です。

IMG_1406_meido

・彩度(さいど)

色には鮮やかな赤もあればくすんだ赤もあります。例えば“真っ赤トマトのような赤”と“赤ワインのような赤”、鮮やかなのは“真っ赤トマトのような赤”くすんでいるのは“赤ワインのような赤”です。このような色の鮮やかさのことを彩度といいます。また、“鮮やかさ”の違いは“色の強弱”ともいいかえることができます。

もともとの色み(赤なら真っ赤のように赤みを強く感じる色)を100%とすると、これが“鮮やか”または“色みが強い”です。そこに無彩色を混ぜていって色みの割合が減ると“くすんだ”または“色みが弱い”といことになります。

彩度も明度と同様に大きく3つに分けて「高彩度(鮮やか、色みが強い)」「中彩度(中間の鮮やかさ)」「低彩度(くすんだ、色みが弱い)」になります。

IMG_1407

*彩度は“鮮やか”“くすんだ”という言葉から低彩度の色は茶色やセピア色など暗めの色だけと思いがちですが“桜の花びらのようなピンク”も赤に白を混ぜて赤みの割合が減っているので低彩度(くすんだ、色みが弱い)色になります。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする