人の印象がUP!? 自分の気分が上がる色とは!?

*色は印象と気持を大きく変える

人は見た目じゃないって言うけれど

初対面の人の第一印象は、ほんの数秒(6~10秒)で決まるそうです。

その内訳は55%が外見、38%が声や話し方、7%が会話の内容という説があります。

iro_zu02_1

ほんの数秒ですから、話す間もなくという状態です。いかに外見の占める割合が大きいかがわかると思います。

ところで外見を構成する要素は何かというと、それは”色”と”形”です。

ちなみに色と形のどちらが人に強くアピールするのかというと、それは“色”だという説もあります。

色は人間の感情・本能・右脳に働きかけ、形は人間の理性・理論・左脳に働きかけます。

大人になると形に対する反応の方が優位になるようですが、それでも直観的に働くのは色の方ということでしょうか。つまり第一印象は色で決まる可能性もあるわけです。

少し話は脇道にそれますが、例えば下の文字を見てください。

iro_zu02_2

スポンサーリンク
広告大

どちらが“赤”でしょうか?

赤のに反応した人は、色反応の方が優位な感情的、本能的な人、

赤の文字に反応した人は、形反応の方が優位な理性的、理論的な人とも言われています。

話をもとに戻すと人の第一印象は外見で半分以上決まる。その外見の中で直観的な印象として働きかけるのは“色”ということになります。

つまり色で自分の印象をコントロールすることができるのです。

色を自分の味方につければイメージはアップし、逆に色選びに失敗するとイメージダウンにつながってしまうこともあるかも知れません。

色が気分も体も温める?

色は人の印象に影響を与えるというのは前述しましたが、自分の気持にも大きな影響を与えます。わかりやすいのは似合わない色を身につけたときです。

鏡の前でイマイチさえない姿の自分を見て気分もさえなくなったり、外に出たくないと思ったりなんていう経験はありませんか。

まして、そのまま似合うものが見つけられずに会社や学校に行ってしまったら、一日中居心地が悪いとか、いつもの自分じゃないみたいな気分になってどっと疲れてしまうかも知れません。似合う色は自分に自信を持たせてくれますし、やる気アップにつながります。

似合う色は人それぞれですが、いろいろな色を試して自分に似合う色を探してみるといいですね。自分に似合う色を見つけるパーソナルカラーという考え方も最近広まってきています。これはまたの機会にお話したいと思います。

似合う色とは別の話ですが、身につける色や視覚に入る色によって、人は影響を受けるという科学的実証もあるようです。

一時期(今もでしょうか?)流行った赤いパンツ、これは縁起がいいと運気アップのアイテムというだけではなく、赤い色が体温を上げるということから、冷え症などにいいとされたからです。

こんな風に色は見た目のイメージだけではなく、人の体にも影響を与えます。

その色をうまく使うことによって、日々の生活がプラスの方向に向かっていくといいですね。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする