色相環…順序良く並べた色の環です

色相の違いは虹(スペクトル)という光の変化に見ることができます。
赤→橙→黄→緑→青→藍→青紫と変化し、その中には多くの色がありますが、紫や赤紫は含まれていません。紫や赤紫は、虹(スペクトル)の両端の色である赤と青紫を混ぜて作ることができます。

iro_zu02_3

これらの色を補って虹(スペクトル)の両端を丸くつないで輪にすると、すべての色相が連続して変化して見える輪ができます。

これを色相環といいます。

基本的に色相環上では、ある色を基準としてその色の反対の位置にある色が最も色相が離れた色になります。この色が補色になっているものもあります。

今回はPCCSという表色系を使って説明します。

ちなみにPCCSとはPractical Color Co-ordinate Systemの略で財団法人日本色彩研究所によって開発されたものです。

まずは色相環ってこんなものです。

iro_zu03_1

色相が少しずつ変化してまた元の色相に戻っている様子がわかると思います。

このPCCSの色相環は24色の純色(各色相の中で最も彩度が高い色)で構成されています。

スポンサーリンク
広告大

・24色相の決め方

最初に「心理四原色」といわれる赤・黄・緑・青の色相を色相環上に置きます。

iro_zu03_2

心理四原色とは、赤なら赤の色みしか感じない色(ほかの色みが感じられない色)です。

色相環上に心理四原色の4色相を置いて対向した位置に、それぞれの反対の色相を置きます。
赤→青緑、黄→青紫、緑→赤紫、青→黄みのだいだい
これで8色相になります。
*PCCSではこの反対の色相に、心理四原色の心理補色に近い色を選んでいます。
(心理補色とは、ある色を1分ほどじっと見つめてから、その色を取り去った時に見える残像の色のことです。この残像の色はぼんやりですが、もとの色の反対の色になっています。)

iro_zu03_3

この8色相の間に色相の変化が均等になるよう4色相を置いて12色相にします。

iro_zu03_4

さらに12色相の間に、その中間にあたる色相を置いて24色相が決められています。

iro_zu03_5

この24色相の色相環には色光の三原色(加法混色の三原色)であるR(赤)、G(緑)、B(青)と、色料の三原色(減法混色の三原色)であるM(マゼンダ:赤紫)、Y(イエロー:黄)、C(シアン:緑みの青)に近い色相が含まれています。

*混色とは2色以上の色を混ぜ合わせて、別の色をつくることです。

混色後の色が、もとの色より明るい色となるのが加法混色、もとの色より暗い色となるのが減法混色です。

加法混色のR、G、Bを合わせると白に、減法混色のM、Y、Cを合わせると黒になります。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする