トーン…色のイメージ

色の表わし方

ここではPCCSという表色系を使って説明していきます。
(*ちなみにPCCSとはPractical Color Co-ordinate Systemの略で財団法人日本色彩研究所によって開発されたものです。)

普段の生活の中で色を表すとき、「明るい色」「暗い色」「薄い色」「濃い色」「鮮やかな色」「くすんだ色」というように、その色の持つ印象や感じで表現しています。
IMG_1506 (150x113)   IMG_1509 (150x113)

 

例えば、上の写真で見てみると色相は違うけれど、同じような印象やイメージをもつ色があることがわかると思います。

色には様々な印象やイメージがあり、それは色相が違っていても明度や彩度が似ていれば共通しているのです。

PCCSでは、このように同じような印象やイメージを持つ明度・彩度の領域をまとめて、

「トーン(Tone)」または色調(色の調子)と呼びます。

トーンは「明度と彩度を複合してとらえた概念」で、有彩色を12種類、無彩色はブラック(Bk)、ホワイト(W)を含めて5種に分類しています。

図1

iro_zu04_1

上の図は「赤」色相でのトーンのイメージ図です。

 

PCCSでのトーンは色相を純色であるビビットトーンでは24、それ以外のトーンは12の代表色で表されています。

 

図1では有彩色の各トーンの円の中に「トーンの略記号」をアルファベットで表記しています。

トーンは「トーンの略記号」「英語によるトーンの名称」「日本語によるトーンの名称」があります。

 

スポンサーリンク

各トーンの呼び方は以下のようになります。

*「トーンの略記号」…「英語によるトーンの名称」/「日本語によるトーンの名称」

 

・v…vivid(ビビッドトーン)/さえた・鮮やかな

・b…bright(ブライトトーン)/明るい

・lt…light(ライトトーン)/浅い

・p…pale(ペールトーン)/薄い

・dp…deep(ディープトーン)/濃い・深い

・dk…dark(ダークトーン)/暗い

・dkg…dark grayish(ダークグレイッシュトーン)/暗い灰みの(くらいはいみの)

・s…strong(ストロングトーン)/強い

・sf…soft(ソフトトーン)/柔らかい・穏やかな

・d…dull(ダルトーン)/鈍い・くすんだ

・ltg…light grayish(ライトグレイッシュトーン)/明るい灰みの

・g…grayish(グレイッシュ)/灰みの

 

これが有彩色のトーンの呼び方です。

ちなみに無彩色は次のようになります。

・W…white(ホワイト)/白

・ltGy…light Gray(ライトグレイ)/明るい灰色

・mGy…medium Gray(メディアムグレイ)/中位の灰色

・dkGy …dark Gray(ダークグレイ)/暗い灰色

・Bk…black(ブラック)/黒

 

この様なトーンという考え方を用いることによって、「明るい黄」や「薄い青」「鮮やかな紫」「暗い赤」など様々な色を言葉で表現することが可能になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました